×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肌荒れ原因と対策

肌荒れの対策を効率よくするためには、まずは原因を追究しなければなりません。
化粧品のせいで肌が荒れていると思っていたのに、実際はストレスからきている体調不良が原因だったということもあります。
このような原因だと化粧品を使わないようにしていても改善はされないということになります。
しっかりと原因をつきとめ、その後で最適な対策を施すことが大切です。
胃もたれや便秘、寝不足やストレスや栄養不足等が積み重なって、その影響が肌荒れとなってあらわれます。
化粧品の中ではクレンジング料が肌への刺激が強いと言われています。
化粧品を落とす目的で使用しますが、肌に必要な水分や角質も落とす可能性が高いです。
化粧品をすべて疑ってかかる前に、一番先にクレンジング料を敏感肌用のクリームタイプに代えてみて様子を見るのも良いです。
これだけで肌荒れの対策が出来る可能性が十分にあります。
肌荒れの原因は様々考えられますが原因が特定できなければ対策はできません。

肌荒れのお手入れ

肌荒れしている肌の場合、水分が蒸発してしまいます。肌荒れの時ほど保湿をしっかりと行う必要があるのです。
そして、肌荒れしている、していないに関わらず肌に染みる化粧水の使用を心がけます。
肌荒れの時には化粧水や美容液は使用せずに、クリームや乳液だけ使用するのが良いと思います。
クリームでも染みるようでしたら、ワセリンを塗って保湿をする様試してみて下さい。それに肌荒れのときでも紫外線の対策は必要となってきます。
日焼け止めクリームは肌への刺激が強く落ちにくいのでクレンジングが必要となるので、
保湿クリームを塗った上からファンデーションかルースパウダーをつけて紫外線対策するようにしましょう。
ファンデーションは肌に悪い様にも思いますが、しっかり保湿をすれば大丈夫です。
肌荒れがひどい時は、できるだけクレンジングは控えて、ダブル洗顔をしてから保湿クリームを塗ってケアしましょう。
このように肌を休めていけば1週間ぐらいで肌はみるみる落ち着いてきます。

肌荒れのスキンケア

肌荒れに対して、どうスキンケアしていけばよいのでしょうか。
◆乾燥肌◆
角質層や皮脂の水分、皮膚のうるおい成分が少なくなっている肌を「乾燥肌」といいます。
乾燥肌は洗顔後、何もケアしないでそのままにすると肌がつっぱって、乾燥して肌荒れになります。
洗顔した後は化粧水で水分の補給をし、その後栄養価のあるクリームを塗ると良いです。
◆脂肪肌◆
水分や皮脂の分泌量が多すぎる肌を「脂性肌」といいますが、肌に脂が浮いてきてテカテカする肌のことです。
洗顔を頻繁にすることができないので、皮脂はあぶら取り紙やティッシュでまめに除去するようにしましょう。
さっぱり系の化粧水で水分を補給していきましょう。
◆混合肌◆
一番おおくみられるのは「混合肌」です。
額、鼻筋のTゾーンは皮脂腺が活発なので脂性肌と同じスキンケアを行いましょう。
◆敏感肌◆
外部の刺激、紫外線、乾燥、摩擦などや化粧品などに含まれる成分に敏感に反応してしまう肌の状態を「敏感肌」といいます。
天然成分の刺激の少ない洗顔料でやさしく洗顔し、化粧水を丁寧になじませます。

Copyright © 2007 肌荒れの原因と対策